太陽光発電システム導入にもかなり費用をかけた上に、メンテナンスは定期的になんて言われると、それへの費用もどれくらい一体かかるのか、とても気になると思います。でも、ソーラーパネル自体の不具合であれば保証というものがあるので、購入してからの約10年間であれば無償で修理をしてもらえるのですが、自ら壊してしまったとなれば話は別になりますが、それ以外であればメンテナンス費用は無いと考えられますが、保証期間が過ぎてしまってからの対応は全く変わってきてしまうのです。例えば、自然災害での破損だと、仕方ないと思ってしまいがちですが、修理の費用はかかってしまいます。

意外にソーラーパネル自体、とても頑丈に出来た機器ですので、メンテナンスはそこまで必要ありません、そして、平均して短寿命なのがパワーコンディショナーという事が分っています、その寿命は、約10年から15年で交換はしなげればいけないので、その分にかかる費用は見込んでおかないといけません。

では、パワーコンディショナーは幾らでしょうか?
だいたい30万円から40万円で、もちろん保証も付いてきますし、保証期間が終わってからも有料だけど、定期点検をしてくれるというメーカーもあるようです。

そのありがたいメーカーは京セラなのですが、定期点検は保証期間中であれ、期間後であれ、大事ですので、費用がかかっても受ける価値はあると思います。

では、その京セラの点検費用は幾らでしょうか?
点検の実施はトータルで3回【初年度(無料)、4年目、8年目】そして、2回目、3回目は各2万円で済みます。

先程もいいましたが、ソーラーパネル自体は頑丈なので、メンテナンスの定期点検をあやふやにしたメーカーは多いのですが、そこは一致して全てのメーカーがメンテナンスに対応してくれるととてもありがたいと思います。

リフォームする際の費用はどれくらい?

テレビ番組の喧伝効果か、最近では住宅のリフォームがブームとなっています。中でも、キッチン周りのリフォームが人気で、特にオール電化に注目している方が増えています。
オール電化するには、IHクッキングヒーターとエコキュートの導入は必須となりますが、それにはどれくらいの費用がかかるでしょうか。

リフォーム費用の内訳は以下が挙げられます。
1.建材費
2.大工工事費
3.設備機器代
4.給排水設備工事
5.電気工事
6.管理経費
7.企画設計料

これらの合計金額が総費用となりますが、建材費は工事の内容如何で大きく変わります。

設置工事だけであれば、すべて工務店や電気屋さんにおまかせできますが、それ以上のリフォームになるといくつかの業者にお願いすることになるので費用がかさんでしまいます。
管理経費と企画設計料に関しては、効率よく工事を進めるための必要経費と捉えて良いでしょう。
これらを踏まえ総費用を計算すると、IHクッキングヒーターとエコキュートの導入のみなら、設備機器におおよそ60~80万円程度、工事費におおよそ15~20万円程度となります。
それから、ガスの配管撤去を行うときは若干費用が高くなる場合があるので、工事の際は業者と交渉しましょう。面倒に思って丸投げすると高くつくということもあります。

オール電化の導入費には、だいたい100万円くらい必要だと言えます。
想像した以上の金額でしたか。それとも想像以下でしたか。